醤油をかけて食べると美味い果実と言えばアボカド

「醤油をかけるとマグロのトロの味になる」と言われ、半信半疑で口に入れたのがアボカドとの出会いでした。

今でこそエビのベストパートナーとして知られる所となったアボカドですが、10年程前までは全く知名度のない果実でした。

アボカドは中央アメリカ原産の熱帯植物で、低温に弱く、実をつけるまでに10~15ヶ月要します。

収穫時期は11月~12月頃ですが、冷凍保存され1年中市場に出回っています。

アボカドが急速に普及した理由は、冷凍輸送技術の向上だけではありません。

健康ブームにより善玉脂肪と呼ばれる不飽和脂肪酸の含有量の高さに注目が集まると、その野菜ともフルーツとも言えない独特の存在感が異彩を放つようになりました。

豊富な脂肪分を含むため「森のバター」との異名を持つアボカドは、今では飲食業界には欠かせないヘルシーメニューの代表格です。

アボカドには1000種以上の品種がありますが、日本市場に出回っているアボカドのほとんどがメキシコ産で、皮がごつごつし熟すと黒く変色するハス種の果実です。

果実の表皮がワニに似ていることから、別名を鰐梨(ワニナシ)とも言います。

「醤油をかけるとトロになる」は、人それぞれ意見は分れますが、醤油が合うことは間違いありません。銀座カラー 脱毛し放題